すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

全力で鮨の魅力を伝えるブログ!日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介します。Since 2015

すしログ和菓子編 No. 83 麸藤@五条(京都府)

麸藤(ふうとう)

こちらは西本願寺からほど近い場所にある生麩、生湯葉の専門店です。

Googleも食べログも2件しか口コミが入っていませんが、美味しい麩饅頭を探してたどり着きました。

外観は飾り気が無く、街に馴染んでおりますが、実は1853年(嘉永6年)創業の老舗との事。

営業は15時までなので、前もってお取り置きをお願いして立ち寄りました。

f:id:edomae-sushi:20200316195204j:plain

店内は親近感が湧く庶民的な雰囲気ですが、【麸まんじゅう】と【さくらもち麸】は在庫が少なく、お取り置きをお願いして正解でした。

午後に訪問される方は、お取り置きが必須かと思います。

 

この度頂いたもの

・麸まんじゅう(笹巻麸)3個650円

・さくらもち麸200円

・ごま麩460円

・萩麩300円

・六条麸320円

f:id:edomae-sushi:20200315225523j:plain

麩まんじゅう

生麩は瑞々しく、もっちりした食感。

f:id:edomae-sushi:20200315225531j:plain

蓬の香りは非常に上品で、むしろ笹の香りがしっかりしており、麩自体の香りも良いです。

餡はお店によると「甘さ控えめ」との談ですが、個人的には割と強めだと感じ、それが麩と合っていると感じました。

さらりと流れるような漉し餡の口当たりも魅力です。

f:id:edomae-sushi:20200315225454j:plain

さくらもち麩

桜の葉の香りが強く、香しい。

f:id:edomae-sushi:20200315225459j:plain

麩まんじゅうよりもむっちりした弾力のある食感ですが、これは葉が纏う水分が要因でしょうか。

葉っぱの穏やかな塩気を含め、餡の甘みが引き立ちます。

ピンク色はベニコウジ色素で着色されており安心。

f:id:edomae-sushi:20200315225541j:plain

ごま麩

胡麻の香りは上品で、むっちりした歯応えが魅力。

胡麻油で揚げるように焼いても抜群に美味しい。

f:id:edomae-sushi:20200315225509j:plain

萩麩

粟、キクラゲ、銀杏が入った生麩。

異なる食感と風味の組み合わせが奥行きを与えてくれる。

f:id:edomae-sushi:20200315225518j:plain

六条麸

昆布出汁、醤油、味醂で味付けして胡麻油で揚げた珍味。

味が強く、これは酒肴やおかずに最適です。

軽く油を搾り、山椒を振って頂くのがオススメ。

 

麩は様々な楽しみ方が出来る食材なので、ご近所の方が羨ましく思いました。

豆腐屋さんですら潰れゆく東京では難しいかもしれませんが…

京都の強さって、こう言った専門店から分かります。

 

店名:麸藤(ふうとう)

予算の目安:文章中の通り、麸まんじゅう3個650円など

最寄駅:五条駅から350m

TEL:075-351-1170

住所:京都府京都市下京区六条通若宮東入ル若宮町536

営業時間:9:00~15:00

定休日:水曜、日曜、祝日