すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

全力で鮨の魅力を伝えるブログ!日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介します。Since 2015

すしログ No. 323 鮨うつし川@越谷(埼玉県)

鮨うつし川

こちらは埼玉県越谷は千間台にある鮨店です。

地元の人以外には中々渋い立地ですが、志の高そうな鮨店があれば、自分は足を運びます(笑)

f:id:edomae-sushi:20200227222801j:plain

なにせ、こちらは女将さんがブログを書いておられ、仕入れを見ると期待が高まります。

広く愛される魚種のみならず、ツムブリなどのマニアックな魚も使われているのは期待が高まります。

昨今の鮨好き諸氏は「ニューオープン情報」や「受賞歴」、「スコア」などでお店を訪問しがちですが、伺うべき鮨店を選ぶ基準はシンプルです。

即ち、仕入れと包丁。

鄙には稀な、と言っては失礼ですが、確かな仕入れと綺麗な包丁に、訪問したいと感じた次第です。

そして、いざ実際に訪問してみて、個々の仕込みが非常に丁寧であり、魚は勿論、山葵も本山葵をきっちり使用されていて、期待は裏切られませんでした。

鮨うつし川さんの概観

また、確かな技術に加えて、都心の潮流とは異なる美点が3つあります。

1にお好み=アラカルト注文可能である点、2に非常にリーズナブルである点。

さらに、立地故に酒場使いも出来るよう、各種酒肴を取り揃えている点も魅力です。

握りメインで訪問したので網羅的には頂いておりませんが、酒肴は「酒場」と言うよりも完全に「割烹」の味。

それでいて価格は「酒場」。

良心的な価格で、上質な魚を揃えており、旬を感じさせてくれるのは素晴らしいと感じました。

沿線界隈の方が羨ましく思います。

 

鮨の生命線たるシャリは万人に愛されるであろう良き味。

つまり、酢を立てつつ塩気は抑え、軽い甘みを付けた味。

使用する酢はヨコ井の赤酢ですが、極めて穏やか。

琥珀か珠玉を使用されているようです。

そして、炊き加減は今の世ではやや柔らかめと言えますが、ほどけ加減は良く、粘りもありません。

温度管理はバッチリです。

米粒はやや小粒に感じる茨城産コシヒカリ。

親方は速く軽やかな手返しで握られ、テンポが良いです。

 

お好み(アラカルト注文)も可能で、揚げ物を含む酒肴すら同時にこなす手練れ。

お任せのみで3時間も掛かるようなお店が増える中、こう言うお店には安らぎを感じます。

好きなものを好きなテンポで頂き、握りで締める。

これぞ街場寿司の魅力を持ち、バッチリ洗練された鮨店だと思います。

 

この度頂いたもの

・筍と野菜の炊き合わせ 1,000円

・平目のアスパラ巻き揚げ 1,000円

・子持ちヤリイカ湯あげ 700円

・握り9カン+巻物、玉子 3,300円

・小鰭

酒肴は1品のポーションが大きいので、上記2人でシェアして丁度良い量でした。

 

鮨うつし川さんの酒肴と握り

f:id:edomae-sushi:20200227222835j:plain

筍と野菜の炊き合わせ

野菜は蕾菜、椎茸、蕗と魅力的。

甘くホロ苦い筍を、出汁をスッキリ利かせて甘みを付けた軽い餡でまとめる。

ホッと一息つくような味わい。

f:id:edomae-sushi:20200227222842j:plain

平目のアスパラ巻き揚げ

しっとりした身の鮃は、ほろりとほどけ、アスパラの爽やかな香りが立ち上がる。

f:id:edomae-sushi:20200227222848j:plain

香り、食感の両面で組み合わせの妙を感じる。

舞茸とエシャレットの天麩羅もアクセントとして嬉しい。

塩は粟国の塩。

f:id:edomae-sushi:20200227222853j:plain

子持ちヤリイカ湯あげ

さっと茹でて身の甘みを引き出した槍烏賊。

卵がトロトロで、身は非常に柔らかい。

火入れの妙がある一品。

f:id:edomae-sushi:20200227222859j:plain

ガリ

酸味と塩を利かせて辛味を感じさせるスッキリ味。

薄切りでシャッキリした食感。

街場寿司の甘ったるいガリとは異なる。

f:id:edomae-sushi:20200227222905j:plain

カンダイ

標準和名コブダイ。

旨味がしっかりありつつ、食感も香りも楽しませてくれる。

f:id:edomae-sushi:20200227222909j:plain

鮪トロ

高知産。脂がシャリの酸味としっかり乳化する。

f:id:edomae-sushi:20200227222914j:plain

槍烏賊の耳

食感はコリッコリッ。

噛み締めるとトロッととろけつつ、最後までコリコリ感が気持ち良い。

f:id:edomae-sushi:20200227222919j:plain

トリ貝

甘みも香りもしっかり楽しめるトリ貝。

f:id:edomae-sushi:20200227222924j:plain

中々脂が乗った鰯を良い〆加減で。

f:id:edomae-sushi:20200227222930j:plain

初鰹!酸味がしっかりしていて爽やかだが、旨みもそれなりにある。

f:id:edomae-sushi:20200227222936j:plain

車海老

茹で置きだが甘みを引き出す良い仕事。

f:id:edomae-sushi:20200227222941j:plain

海胆
これのみマイナス。

ミョウバンの収斂味に加えて臭いが気になる。

海胆は資本主義なので致し方無いか。

f:id:edomae-sushi:20200227222947j:plain

穴子

柔らかく仕上げ、皮はサックリ。

煮ツメは粘度はそこまで高くないが、コクがあり美味しい。

f:id:edomae-sushi:20200227222951j:plain

玉子

スフレ+プリン状。

表面が香ばしく、スイーツ的に仕上げて完成度が高い。

f:id:edomae-sushi:20200227222957j:plain

巻物

f:id:edomae-sushi:20200227223002j:plain

f:id:edomae-sushi:20200227223006j:plain

3種類も頂けるとは嬉しい。

干瓢は甘みがあり、硬くはないが程良い食感。

f:id:edomae-sushi:20200227223012j:plain

小鰭

追加で注文したところ、印象的な一貫となる。

身は柔らかく、皮目はシャクッとした歯切れを楽しませつつ、しっとりとほどける。

香りは上品で、旨みがある。

〆による塩気は穏やかで、酸味は軽やか。

食感、味わいからスッキリな印象を受けるが、柔らかくもしっかりと〆ている。

 

冒頭に記載の通り、ご近所ならば足繁く訪問したい一軒です。 

 

店名:鮨うつし川(すし うつしがわ)

シャリの特徴:赤酢を用いつつ、まろやかに仕上げた万人受けするシャリ

予算の目安:記事中の内容で1人当たり5,000円、お酒を飲むと6,000円ほど

最寄駅:せんげん台駅から270m

TEL:048-948-8091

住所:埼玉県越谷市千間台西1-6-9

営業時間:17:30~22:00

定休日:月曜