すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

全力で鮨の魅力を伝えるブログ!日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介します。Since 2015

すしログ日本料理編 No. 194 魚治@マキノ(滋賀県)

魚治

琵琶湖・湖北エリアの海津(かいづ)にあり、創業を1748年(天明4年)に遡るお店です。

海津は江戸時代に栄えた宿場町であり港町。

湖岸には今でも江戸時代の石積みが残り、独特の風情があります。

f:id:edomae-sushi:20200127184455j:plain

海津大崎は「琵琶湖八景」に数えられており、特に春の桜は見応えがあるようです。

f:id:edomae-sushi:20200127184500j:plain

冬でも、キリッと引き締まった空気に映える水面を眺めると、自然と凛とした心持になります。

しかし、2018年に激烈な台風が当地を襲い、甚大な被害をもたらしました。

shigatoco.com

自身が何度か訪問した湖里庵さんは全壊。

…ニュースで知った時は大きなショックを覚えました。

なので、湖里庵さんの母体である魚治さんは無事であり、湖里庵さんの財産と言える鮒鮓蔵が生きていたと分かった時は、我が事のように安堵を覚えたものです。

f:id:edomae-sushi:20200127184449j:plain

発酵には蔵持ちの菌が重要であり、江戸時代から伝わる菌が無事であったならば、近い将来復活されるだろうと。

当初は2019年末と聞いておりましたが、未だ再開の情報が無かったので、営業されている魚治さんをお伺いして応援しようと、今回訪問した次第です。

 

かつて湖里庵さんが在った場所は現在更地の駐車場となっており、悲痛な気持ちになりましたが、魚治さんからは湖魚を炊く、甘い醤油の良い香りが流れており、訪問して良かったと感じました。

そして、お店の方にお話をお伺いしたところ、人的被害はゼロだったと聞き、更に安心しました。

2020年内の再開を目指しておられるとの事なので、再開された暁には訪問して、

唯一無二の鮒鮓懐石を楽しませて頂きたいと思います。

 

魚治さんの佃煮

さて、端的に述べて、こちらの佃煮は滋賀県随一だと思います。

いや、滋賀県外の海の魚を用いた佃煮と比べても秀逸であり、日本に誇る佃煮だと自信を持って断言出来ます。

しっかりと味付けを行っているのに魚の味わい、魅力を壊しておらず、食感はあくまでもしっとりしております。

魚の良さを引き出した佃煮。

f:id:edomae-sushi:20200127205424j:plain

特に【ひうを(氷魚)木の芽煮】については、氷魚は鮎の稚魚となり繊細な味わいですが、そのほのかな苦味とか細い食感を見事に表現しており、ついつい食べるのが切なく思うほど。

f:id:edomae-sushi:20200127184518j:plain

成長した【若あゆ木の芽漬け】は異なる魅力があります。

湖魚の成長を味を以て感じられるとは、何たる贅沢。 

f:id:edomae-sushi:20200127184513j:plain

こちらの【鮒鮓】は香りが上品で、お茶漬けにすると格別です。

 

ちなみに、魚治さんのアイテムは、ごく一部となりますが、日本橋の滋賀県アンテナショップ「ここ滋賀」にて入手可能です。

かなり面白いアンテナショップなので、魚治さんの美味しい商品と合わせて是非ともどうぞ!

cocoshiga.jp

 

店名:魚治(うおじ)

予算の目安:大体100g1,000円が目安(希少性の高い魚は時価)

最寄駅:マキノ駅から1,600m

TEL:0740-28-1010

住所:滋賀県高島市マキノ町海津2304

営業時間:9:00~18:00

定休日:火曜