すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

全力で鮨の魅力を伝えるブログ!日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介します。Since 2015

すしログ No. 316 花ごよみ@朽木(滋賀県)

朽木 花ごよみ

かつて何軒かご紹介した朽木の鯖寿司。

古来より「鯖街道」として知られ、今でも鯖寿司のお店が点在しております。

ご紹介した事のあるお店のツートップは朽木旭屋さん栃生梅竹さんでしょう。

他にも名の知れた人気店がありますが、今回狙ったのはどちらかと言うと無名なお店。

なにせ屋号が少しファンシーで前者2軒とは大違いです(笑)

 

しかし、こちらは鯖寿司だけでなく鯖のナレズシも作っておられます。

店舗は限りなく食堂的ですが、郷土料理として見ると相当ガチだと言えます。

他にも【焼鯖そうめん】【鯖のへしこ】も作られているので、鯖ラバーとしては是非とも押さえておきたい一軒かと。

朽木は中々に行きにくいエリアですが、こちらの鯖寿司は道の駅でも入手可能です。

朽木にある「くつき新本陣」は勿論、琵琶湖に近い国道沿いにある「藤樹の里あどがわ」にも置かれているので、時間が限られている方はこちらがアクセスしやすいでしょう。

f:id:edomae-sushi:20200125174729j:plain

鯖寿司は大体1,500円から2,100円くらいのレンジで、お安い部類です。

今回は1,880円のものを頂きました。

安くとも鯖は勿論国産を使用されております。

 

f:id:edomae-sushi:20200125174733j:plain

花ごよみさんの鯖寿司

f:id:edomae-sushi:20200125174737j:plain

酢飯は甘みが結構強めだが、脂の乗った鯖に合う。

鯖自体は肉厚で脂がかなり乗っている。

栃生梅竹さんの【極上】クラスや朽木旭屋さんの【極】【朽木】よりは穏やか。

しっかりと〆ているが、身には艶めかしさもあり中心がトゥルンとしている。

これは良い〆加減。

お米が多めなのは鯖街道的でご愛敬…

お米自体は朽木産のコシヒカリで美味しいので。

とは言え、費用対満足度が高く、同価格帯だとバランスが良い鯖寿司かと実感。

 

お店いわく「田舎の祭り寿司」の味を守っているそう。

酢飯の甘さに「田舎の祭り寿司」感を感じられますが、味わいとしてはきっちり家庭の味を超えております。

 

店名:花ごよみ(はなごよみ)

予算の目安:1,500円~2,100円くらい

最寄駅:なし、安曇川駅から11.2km

TEL:0740-38-2377

住所:滋賀県高島市朽木荒川870-2

営業時間:9:00~17:00

定休日:木曜