すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

全力で鮨の魅力を伝えるブログ!日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介します。Since 2015

すしログ No. 291 まつ川@富山(富山県)

鱒の寿し まつ川

こちらは富山で「地元の人に人気と」聞いて、以前よりブックマークしておりました。

f:id:edomae-sushi:20190721200715j:plain

オープンは2010年6月と比較的若いお店ですが、既に定評があると言うのは凄い事です。

扇一さんと同様に事前予約して訪問しましたが、午後14時過ぎには売り切れておりました。

こちらも予約がベターかと思います。

f:id:edomae-sushi:20190721200723j:plain

まつ川さんは酢飯のお米に、定番のコシヒカリは敢えて使用されておりません。

富山産の「てんたかく」と言うお米を選ばれており、コシヒカリよりも落ち着いた甘みをご自身の鱒寿司に合わせておられます。

 

まつ川さんの鱒寿司の特徴

f:id:edomae-sushi:20190721200727j:plain

扇一さんと同時に頂いたので、違いをバッチリと感じる事が出来ました。

こちらは一枚が分厚い鱒ではなく、異なる切り身を重ねておられます。

f:id:edomae-sushi:20190721200732j:plain

それでも、一枚あたりは巷で売られているものよりも厚みがあります。

そして、食感はむっちり。

当世の嗜好通りレア寄りに〆ておられますが、瑞々しさを維持した状態でむっちりしております。

それでいて塩気は強め。

他に印象的だったのが、酢飯のほどけ加減。

鱒寿司としては米粒のほどけ方がぱらりとしており、押し具合も研究されているのが伝わります。

こちらはお客の賞味時間に合わせて作られているそうですが、成る程と感じました。

f:id:edomae-sushi:20190721200719j:plain

唯一、グルタミン酸ナトリウムを使用されている点が残念ですが、頂いて嫌味はありませんでした。

鱒の風味、お米の風味ともにしっかりと感じられ、完成度の高い鱒寿司だと思います。

 

店名:鱒の寿し まつ川(ますのすし まつかわ)

予算の目安:1段1,600円、2段3,100円

最寄駅:大手モール駅から300m

TEL:076-494-9200

住所:富山県富山市旅籠町2-10

営業時間:7:00~18:00 ※売り切れ次第閉店

定休日:第2・4・5日曜