すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

全力で鮨の魅力を伝えるブログ!日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介します。Since 2015

すしログ和菓子編 No. 69 小桜@浅草

こちらは、いわゆる「東京三大かりんとう」に数えられる名店です。

元来は老舗料亭「福し満」で手土産として考案されたそう(戦後)。

明治初期から続く小桜さんのかりんとうは、「東京三大かりんとう」の中で「最もかりんとうらしいかりんとう」だと思います。

ちなみに、誰が言い始めたか「東京三大かりんとう」のお店は、他に湯島の花月さん、銀座のたちばなさんとなります。

他店との大きな違いは、小桜さんはメープルシロップ、黄粉、生姜などを用いた豊富なラインナップ。

他店は1~2種類なので、味わいで個性を出しているかりんとう屋さんかと思います。

中から頂いたものは【小桜2種詰合(おもいで、ふるさと)】。

f:id:edomae-sushi:20190423215754j:plain

ベーシックな2種類となり、【おもいで】は白砂糖を、【ふるさと】は黒糖を用いたかりんとうです。

 

f:id:edomae-sushi:20190423215755j:plain

ともに食感はガリッと力強く、香ばしいところが特徴。

ザラッと武骨な外見は正に誰しもが頭に浮かべるかりんとう。

上記他2点がつるんとしているので、結構違いがあります。

砂糖でコーティングされた層は大変薄いかりんとうですが、甘みはしっかりしているので、お茶請けにピッタリ。

個人的には、緑茶よりも紅茶や熟成を掛けた中国茶に合う気がします。

薄いコーティングでじっくりと揚げているためか、油は強めに含んでおります。

かりんとうもまた中国(遣唐使)伝来のお菓子ですが、その出自を最も強く感じさせるかりんとうかと思います(「東京三大かりんとう」の中では)。

個人的に、【ふるさと】の黒糖をガッツリ利かせた風味は他にはない魅力だと感じました。

 

店名:小桜(こざくら)

予算の目安:小桜2種詰合(おもいで、ふるさと)700円

最寄駅:TX浅草駅から600m、メトロ・都営浅草駅から1,000m

TEL:03-5603-5390

住所:東京都台東区浅草4-14-10

営業時間:10:00~17:30

定休日:日曜