すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

全力で鮨の魅力を伝えるブログ!日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介します。Since 2015

すしログ和菓子編 No. 63 一幸庵@茗荷谷

こちらは茗荷谷で人気を誇る和菓子店です。

食べログの和菓子ランキングで東京1位となっており、かねてより訪問したいと思っておりました。

f:id:edomae-sushi:20181204210659j:plain

こちらは予約せずとも購入できるところが嬉しい。

上生菓子は1個400円もしくは420円という価格帯です。

 

この度は、

・木の間の錦(金団)

・山粧う(浮島、栗、村雨)

・栗きんとん

・秋色(栗羊羹)

の4種類を頂きました。

 

全体的な特徴としては、繊細さよりも豪胆さを感じる和菓子で、甘みや素材の扱い方が京都の和菓子とは大きく異なると感じました。

また、豪胆さに加えて何処となく郷愁も漂わせる。

この度のテーマが「秋」という事を除いても、郷愁を感じさせ、味わいと相まって良い意味で庶民的な和菓子だと実感しました。

 

f:id:edomae-sushi:20181204210700j:plain

木の間の錦(金団)

そぼろは繊細で美しい…しかし、中から何と粒餡が登場!

しかも粒ならびに小豆の皮がしっかりした食感で、頂いて更に意表をつかれる。

かなりの存在感を放つ粒餡で、甘みも割と強め。

これは京都では中々無い金団なのではないだろうか?

f:id:edomae-sushi:20181204210701j:plain

栗きんとん

口に運べば栗を非常にたっぷり使用していることが分かり、微塵切りの栗もゴロゴロ入っているのが印象的。

塩気を割と利かせている点も個性。

f:id:edomae-sushi:20181204210702j:plain

栗羊羹

これまた栗がたっぷりで、黒糖を使用。

特に何となく懐かしい感じを抱いた。

f:id:edomae-sushi:20181204210703j:plain

山粧う(浮島、栗、村雨)

今回頂いた中では一番ヒット。

食感、味わい共に一体感があり、栗と小豆の風味のコントラスト、蒸した部分のしゅわっと柔らかな食感など、魅力が詰まっている。

 

季節によって結構違いがあるのでは?と感じましたので、またお伺いしてみたいと思います。

 

店名:一幸庵(いっこうあん)

予算の目安:上生菓子は1個400円もしくは420円

最寄駅:茗荷谷駅から290m

TEL:03-5684-6591

住所:東京都文京区小石川5-3-15

営業時間:10:00~18:00

定休日:日曜、月曜、祝日