すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

全力で鮨の魅力を伝えるブログ!日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介します。Since 2015

すしログ日本料理編 No. 149 季節料理みのり@墨染(京都府)

f:id:edomae-sushi:20181001205939j:plain

こちらは京都の墨染(伏見区)にある、日本料理のお店(いわゆるカウンター割烹)です。

外観も中々風情のある一軒家ですが、中に入るとあっと驚くかと思います。

f:id:edomae-sushi:20181001205951j:plain

民家なのですが非常に趣深く、「美味いもんを食わせる雰囲気」が漂っております。

そして、古い民家にも関わらず空気の匂いも良いです。

ふと気になり築年数を伺ったところ、なんと100年超!

じっくり見るとガラスは大正硝子で、非常に美しいかすれ具合です。

設えだけでなく照明や中庭も魅力的で、すぐに寛げる事は間違いありません。

 

こちらのお料理はピンの高級食材を多用してはいないものの、ご主人の燻し銀の調理で他にない味わいを楽しませてくれます。

極めて実直で、スーッと腑に落ちる料理。

品数も多くはないのに、食後に十分な充足感に包まれます。

一品一品の存在感が強く、食べ進める楽しみがあります。

こういった料理こそ、若い方や外国人旅行者に食べて欲しいと感じます。

何かと高級食材ならびに脂と塩分と旨味を重ねる事が多い昨今、和食の魅力をリーズナブルに楽しませてくれるのは嬉しい限りです。

ご主人は御年52歳で、当地では10年営んでおられ、前は東山で20年営んでおられたそうです。

若々しい見た目に騙されましたが(笑)、年季の入った調理を心から楽しませて頂きました。

f:id:edomae-sushi:20181001205941j:plain

日本酒はまつもとの純米・守破離と吟醸酒のみ。

前者を都合3つ頂きましたが、きっちり1合で、価格は600円。

実に実直な商売をされております。

 

以下、この度頂いた8,500円のコースとなります。

こちら以外に5,500円のコースもあるそうです。

また、アラカルトでの注文も可能な点がありがたいところです(僕は一人なのでコースを選んだ次第です)。

 

f:id:edomae-sushi:20181001205940j:plain

先付:鱧きゅう

酢は強めで、スカッとした味わい。

f:id:edomae-sushi:20181001205942j:plain

お造り:アマテガレイ、剣先烏賊、サルボウガイ、鮪赤身

貝は赤貝ではなくサルボウガイであったが、旨味は中々しっかりしている。

香りが赤身よりも弱いものの、大概の人にとっては「赤貝」として満足出来る味わいなのではないだろうか。

細かい包丁によって、舌に馴染む。

f:id:edomae-sushi:20181001205943j:plain

椀がわりの土瓶蒸し

f:id:edomae-sushi:20181001205944j:plain

花のように開いた鱧に包丁の技を感じる。

見た目のみならず、食感もまた軽やか。

上品にふんわりとほどける。

そして、出汁は端正で、塩気も適度なので身体に馴染む。

f:id:edomae-sushi:20181001205945j:plain

鮎の焼きもの

琵琶湖産だが、天然モノではなく養殖。

ただ、内容的には満足。

琵琶湖の天然モノは成魚ながらに小型だが、今回の養殖モノは大ぶりであり、何よりも焼き加減が良い。

一口目に肝の香りも感じさせ、仕事で美味しく仕上げている。

聞けば、活を使用されているそう。

唯一の瑕疵は、尾の振り塩が少し強いように感じた程度。

f:id:edomae-sushi:20181001205946j:plain

冷製炊き合わせ

芋に出汁が染み込み、美味。

出汁の後に芋の甘みが広がる。

そして、野菜の食感を活かしている。

まだ暑さが残る秋の一日だったので、嬉しい一品。

f:id:edomae-sushi:20181001205947j:plain

ぐじ(甘鯛)の揚げもの

もの凄いボリュームでビックリ(笑)

これも活を入れているそう。

女将さん(お母上?)が揚げられていたが、鱗が綺麗に松笠となり、身はしっとりで食感のコントラストがぐじを頂く喜びそのもの。

f:id:edomae-sushi:20181001205948j:plain

お食事:松茸ご飯、赤出汁、香の物

f:id:edomae-sushi:20181001205949j:plain

椎茸のように松茸がゴロゴロ。

おかわりした上に、おこげも勿論頂きました。

f:id:edomae-sushi:20181001205950j:plain

家庭的な趣のある白菜の漬物は美味しく、強い赤出汁が呑んだ後の腹に染み渡る。

濃いめの玄米茶を頂き、お店を後にしました。

f:id:edomae-sushi:20181001205952j:plain

駅までの初秋の風が心地良かった。

 

店名:季節料理みのり(きせつりょうりみのり)

予算の目安:コースは5,500円、8,500円の2つ。アラカルトでの注文も可能。

最寄駅:墨染駅から450m

TEL:075-645-1213

住所:京都府京都市伏見区深草直違橋片町527

営業時間:17:30~22:00 (L.O 21:30)

定休日:月曜