すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

全力で鮨の魅力を伝えるブログ!日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介します。Since 2015

すしログ和菓子編 No. 56 後藤製菓@臼杵(大分県)

結構「渋い」イメージがあると思われる生姜煎餅。

生姜が強すぎたり、甘すぎたりと、好みを分ける味わいのものが一般的であるように感じます。

故に、クラシカルで渋いイメージを持たれがちなのではないでしょうか?

石仏で有名な大分県、臼杵。

こちらには一般的なものとは一味違う生姜煎餅のお店があります。

f:id:edomae-sushi:20180402223359j:plain

f:id:edomae-sushi:20180402223358j:plain

臼杵石仏の駐車場に降りると、お店はすぐ目の前。

f:id:edomae-sushi:20180402222956j:plain

観光地的な立地に反して、創業は1919年(大正8年)と結構な歴史を持ちます。

f:id:edomae-sushi:20180402222957j:plain

こちらの生姜煎餅の名称は【臼杵せんべい】。

そして、実は臼杵の生姜煎餅は長い歴史を持ち、臼杵藩主の稲葉氏御用達である参勤交代時の携行食(=保存食)が起源とされているそうです。

f:id:edomae-sushi:20180402222958j:plain

取ってつけた観光土産でないところが嬉しいですね。

今でも手で生姜蜜を刷毛塗りされているそうで、一枚一枚微妙に異なる味わいを楽しめるところも、また嬉しい。

f:id:edomae-sushi:20180402222959j:plain

包装紙にはバッチリ石仏。

缶にも石仏プリント。

かなりの存在感です。

臼杵せんべい

パックを開けると、生姜の香りがふんわり漂う。

そして、生姜の辛味は控えめで、甘みも穏やか。

尖ったところや舌に残る甘みが無いので、食べ易い。

臼杵せんべい

そして、食感はカリッと力強く、その後きめ細かく溶けてゆく。

この食感は、小麦粉に加えて卵も使用されているためでしょうか。

尚、湾曲している形状は地名である「臼」を表現しているようで、これもまた独特の印象を強めてくれます。

臼杵せんべい

厚焼きもあります。

食感だけでなく味わいも変わるのが面白い。

 

同様のお菓子は色々ありますが、感銘を覚えた味わいです。

 

店名:後藤製菓(ごとうせいか)

予算の目安:臼杵煎餅・曲6枚入300円、缶入りの10枚入650円など

最寄駅:上臼杵駅から4,300m

TEL:0972-65-3555

住所:大分県臼杵市深田118

営業時間:8:00~17:00

定休日:年中無休