すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

全力で鮨の魅力を伝えるブログ!日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介します。Since 2015

すしログ日本料理編 No. 119 小川家@下田(静岡県)

こちらは下田で圧倒的な人気を誇る鰻のお店です。

f:id:edomae-sushi:20180111225306j:plain

下田と言えば誰しもが黒船とペリーを頭に浮かべるかと思いますが、立地としては首都圏からは少々行き辛い街。

しかし、先代のご主人は名店・野田岩で修行された経歴を持つため、首都圏の鰻好きならば訪問したくなるのは至極自然と言えるでしょう。

 

首都圏から地方に遠征する場合、必ず食すべく予約をするのが定石…

だがしかし、こちらは予約のハードルが少々高く、予約は下田市に宿泊しているか市内に到着してからしか受け付けてくれません。

市外からは、断られてしまいます(笑)

何とストイックな職人!

鰻の捌きから焼き上がりまで、完全にコントロールすべく、わざわざこのようなハードルを設けているのでしょう。

僕はハラハラしながら到着後に連絡しましたが、無事にありつく事が出来ました。

f:id:edomae-sushi:20180111225307j:plain

尚、店内には鰻がたくさん泳いでおりました。

f:id:edomae-sushi:20180111225308j:plain

日によって入荷数は異なるでしょうが、ハラハラし過ぎる事は無いように感じました。

 

お電話で頼んでいたものは、【白焼竹】3,200円と【うな重竹】3,450円。

上のクラスもあるようですが、在庫無しとの事で自然とこちらになりました。

ただ、頂いた感想としては、上クラスでなくても十分楽しめました。

 

f:id:edomae-sushi:20180111225315j:plain

白焼竹

野田岩の器(白焼き専用)で登場し、ビックリ(笑)

f:id:edomae-sushi:20180111225316j:plain

f:id:edomae-sushi:20180111225317j:plain

かなりフワフワしており、皮と皮下脂肪はトロトロ。

白焼きで感じられる「魚的」な香りは穏やかな仕事。

脂も程良く落とされている。

ただ、脂の旨味は最大限楽しませてくれる。

「上品な白焼き」と言う印象を抱いた。

f:id:edomae-sushi:20180111225311j:plain

うな重竹

f:id:edomae-sushi:20180111225310j:plain

蒲焼もまたかなりトロトロに仕上げつつ、表面はタレと炭で香ばしい。

皮もとろりと、とろける。

f:id:edomae-sushi:20180111225309j:plain

そして、こちらの蒲焼で特に印象深かったのはタレ。

醤油のキレが非常にあり、軽い焦げ感も精彩を加えている。

ご飯はかなり硬めの良い炊き加減で、はらりはらりとほどける。

みっちりと詰められており、非常にボリューミィです(笑)

鰻に関して、骨の処理が少々粗く、割と当たる点がネックだった。

f:id:edomae-sushi:20180111225312j:plain

肝吸いの出汁は野田岩の系譜ならでは。

鰹節の味わいがしっかりしつつ端正。

横浜野田岩よりは弱めの出汁と塩気だが、節の香りは強い。

肝はとろり、コリコリ。

椀妻が三ツ葉に加えて柚子皮とは鰻店では珍しい。

f:id:edomae-sushi:20180111225313j:plain

香の物(糠漬け)は自家製で美味。

山椒も香りこそやや弱いが、痺れがあって良い。

f:id:edomae-sushi:20180111225314j:plain

 

野田岩とは違う仕事を楽しませてくれるお店。

鰻好きならば訪問する価値があるかと思います。

 

店名:小川家(おがわや)

予算の目安:白焼竹3,200円、うな重竹3,450円など

最寄駅:下田駅から900m

TEL:0558-22-0365

住所:静岡県下田市2-8-14

営業時間:11時半頃〜

定休日:土用の丑の日、1月1日&2日

※予約については、文中の通り