すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

全力で鮨の魅力を伝えるブログ!日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介します。Since 2015

すしログ No. 209 伊勢鮨@小樽(北海道)

「寿司の街」と呼ばれる、北海道・小樽。

全体的に昔ながらの街場の「寿司店」が多いと感じますが、こちらの伊勢鮨さんは江戸前の仕事を採り入れておられ、「鮨店」と言えるクオリティで楽しませてくれます。

f:id:edomae-sushi:20171109213704j:plain

こちらは北海道産の素材に江戸前仕事を施す、いわゆる「蝦夷前」のお店。

価格もリーズナブルで、一番上の【旬】が16貫で6,300円。

内容に対する満足度は中々高く、矢張り「小樽」に限れば訪問して損のない鮨店だと感じます。

20代後半に伺った時から少し時が経ち、その間に多くのお店を巡りましたが、仕事の粗さはあれども個性を有するお店だと再認識しました。

 

ただ、大変残念な点が一つあり、端的にお店のにおい。

つけ場ではなく、廊下や奥から漂っており、生ものの処理が極めて甘いと感じました。

鮨店にとって匂いは重要な要素であり、一流店と三流店を見極めるポイントだと思います。

折角の味が台無しなので、至急対応される事を願います。

 

こちらのシャリは米酢を用い、今となれば穏やかな酢と塩のバランス。

しかし、硬さや温度は街場寿司のそれとは異なり、口に運んで嬉しい味わい。

握りは7手~8手で、掌ポンありですが、酢飯に「船底」を付けられている点に好感を覚えました。

また、握りを溜め置きされない点は、札幌のすし善さんよりも上質なサービスだと感じます。

 

ガリ

強い甘みと穏やかな辛味で、非常にクラシカルな味わい。

f:id:edomae-sushi:20171109213713j:plain

松川鰈

昆布〆、塩、酢橘。強めの〆でねっちりした食感。

f:id:edomae-sushi:20171109213708j:plain

ソイ

これも昆布〆、塩、酢橘。昆布〆が2貫続く点は好みを分けるかもしれない。

松川鰈よりも歯応えがあり、旨味も強くて美味。

個人的には、松川鰈は生で良いと感じた。

f:id:edomae-sushi:20171109213718j:plain

鮪赤身

漬け、山山葵とネギを用いる点が北海道らしい。

酸味が気持ち良い赤身で、漬け加減は穏やか。

f:id:edomae-sushi:20171109213719j:plain

鮪大トロ

筋が気になる。旨味も弱く、価格相応と言う印象。

f:id:edomae-sushi:20171109213712j:plain

キングサーモン

北海道で言うマスノスケ。

かなり強い脂で香りもあり、これは旨い!

f:id:edomae-sushi:20171109213721j:plain

漬け。柚子胡椒とネギを使用。

ニシン特有の癖は無く、「香り」として楽しませてくれる。

これは中々面白い仕事。

f:id:edomae-sushi:20171109213711j:plain

ボタンエビ

ぷりぷり、トロトロで、メチャクチャ強い甘み。

これも満足度が高いタネだったが、提供温度をもう少し高めにすれば更に良くなる。

f:id:edomae-sushi:20171109213716j:plain

帆立

繊維がみっちりした帆立で強い甘み。

f:id:edomae-sushi:20171109213717j:plain

北寄貝

握った後に手で叩いてから提供。

シャリが潰れてしまったのは残念だった(笑)

だが、北寄貝は美味しい。

f:id:edomae-sushi:20171109213709j:plain

ツブ貝

包丁の入れ方が良く、コリコリ感を楽しませつつ、硬すぎない。

苦味と風味が酢の酸味に合う。

f:id:edomae-sushi:20171109213715j:plain

蝦蛄

大振りなものを半分に切って。

香りがしっかりしており、卵の食感が気持ち良い。

タネの冷たさが気になるものの、美味しい。

f:id:edomae-sushi:20171109213707j:plain

ズワイガニ

煮ツメで提供。これは残念。

煮ツメは穴子の旨味が抽出されており、ズワイガニも旨い。

各々良いのだが、合わせる事で不協和音を生じさせている。

f:id:edomae-sushi:20171109213720j:plain

出汁は昆布とボタン海老。具は海苔。

大変香り良く、海老の風味がしっかり出ており、美味しい。

f:id:edomae-sushi:20171109213705j:plain

いくら軍艦

旬であったが、かなりしっかりと漬けておりビックリ。

旬ものは浅い漬けでよろしいかと。

f:id:edomae-sushi:20171109213706j:plain

コマイの子の軍艦

コマイは北海道特有の魚で、鱈に似た姿。

ただ、身は旨味が弱いため、干物にして旨味を凝縮する事がしばしば。

反面、子(卵巣)は評価が高い。

卵の粒子は細かく、特有の香りがあり、プチプチとリズミカル。

f:id:edomae-sushi:20171109213714j:plain

牡蠣軍艦

サロマ湖産。塩で提供。

非常にしっかりした香りと力強い旨味の牡蠣。

f:id:edomae-sushi:20171109213710j:plain

バフンウニ軍艦

塩水でミョウバン不使用。

サラッと溶けて、強い甘みが口を満たす。

軍艦4連発は初めてでした(笑)

 

店名:伊勢鮨 (いせずし)

シャリの特徴:味付けはクラシカルタイプだが、硬さや温度は中々。

予算の目安:コース3,000円〜6,300円

最寄駅:小樽駅から450m

TEL:0134-23-1425

住所:北海道小樽市稲穂3-15-3

営業時間:月~土11:30~14:30、17:00~21:30、日・祝11:30~14:30、17:00~20:30

定休日:水曜

※電話予約の受付は14:00~15:00、20:00~21:00の間のみ