すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

全力で鮨の魅力を伝えるブログ!日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介します。Since 2015

すしログ和菓子編 No. 52 亀十@浅草

こちらは浅草で押しも押されぬ圧倒的な人気を誇る和菓子店です。

f:id:edomae-sushi:20180122210702j:plain

昔は並ばずに入手できたのに、今や大行列が常…

混雑っぷりたるや、西のふたばか、東の亀十か、と言った感です。

(看板商品は異なるものの、お店の佇まいも含めて何となく)

流石、「東京三大どら焼き」の中でも屈指の人気を誇る名店です。

この度、年末の夜に通りがかったところ、全く人がおらず、しかも在庫もありましたので、するっと入手する事が出来ました。

f:id:edomae-sushi:20180122210705j:plain

こちらのどら焼きは、クラシカルなどら焼きとは完全に異なる仕様。

皮は変遷を遂げてきたようですが、最大の特長は皮の食感。

ふわふわと軽やかで、空気を多く含み、しっとりした口どけの皮。

唇が触れた瞬間に感じる柔らかさは他には無い魅力です。

f:id:edomae-sushi:20180122210703j:plain

スポンジケーキのような空気感があるため、どことなく「洋」を感じさせる個性的な皮だと思います。

そして、多くのお店とは異なり蜂蜜は不使用。

甘みも穏やか。

見た目に反して香ばしさも低い。

食感のみならず味わい的にも軽やかさ、上品さを感じさせる皮です。

f:id:edomae-sushi:20180122210704j:plain

粒餡はもったりした口当たりで、力強い。

甘みも割とあるが、生地に合っております。

粒は程良い存在感がありつつ、障らない。

f:id:edomae-sushi:20180122210706j:plain

 

白餡の方が更にもったりしており、粒の存在感も強めです。

こちらは手亡豆を使用されております。

 

余りにも個性的なので、毎度、「ドラえもんに食べさせて感想を聞きたいな」と思ってしまいます。

 

店名:亀十(かめじゅう)

予算の目安:1個325円

最寄駅:浅草駅から50m

TEL:03-3841-2210

住所:東京都台東区雷門2-18-11

営業時間:10:00~20:30

定休日:不定休