すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

全力で鮨の魅力を伝えるブログ!日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介します。Since 2015

生菓子

すしログ和菓子編 No. 89 古埜木堂(このきどう)@月島

大正時代から愛される、月島に馴染んだ街の和菓子屋さん 【麩まんじゅう】と言えば、京都を始めとする関西が主流ですよね。 関西のオススメ店は記事の最後にご紹介しますが、野暮ッたさが無く、瑞々しくて爽やかな味わいにすっかり魅了されてしまいました。 …

すしログ和菓子編 No. 88 角山本店@築地

東京で貴重な京生麩と麩まんじゅうが美味しいお店 湯葉と生麩と言えば、やはり京都を始めとした関西が頭に浮かぶところです。 懐石料理や精進料理では無くてはならない食材で、僕も京都で頂き魅力を実感しました。 そして、同じく大好きになったのが【麩まん…

すしログ和菓子編 No. 87 虎ノ門岡埜榮泉(おかのえいせん)@虎ノ門

和菓子が特段好きでない方でも、東京の食好きならば何軒か見たことであろう屋号、岡埜栄泉(おかのえいせん)。 僕は昔チェーン店かと思っていたのですが、それは間違いでした。 基本的に全て異なるお店で、暖簾分けによって店舗数が増えた模様です。 現在は東…

すしログ和菓子編 No. 86 すずめや@池袋

こちらは騒々しい池袋の中でも落ち着いたエリアと言える、南池袋にある和菓子のお店です。 創業(オープン)は2002年(平成14年)で比較的新しいお店となりますが、看板商品の【どら焼き】は飛ぶ鳥を落とす勢いの人気です。 筆者は今まで7回くらい入手を試みまし…

すしログ和菓子編 No. 85 和菓子薫風@千駄木

和菓子と日本酒を合わせるお店、薫風 こちらは東京・千駄木に、2012年7月にオープンした和菓子屋さんです。 お店のコンセプトは「和菓子と日本酒のマリアージュ」と「作りたての和菓子」。 僕は2014年に和菓子作り教室に参加したことがあるのですが、日本酒…

すしログ和菓子編 No. 83 麸藤@五条(京都府)

麸藤(ふうとう) こちらは西本願寺からほど近い場所にある生麩、生湯葉の専門店です。 Googleも食べログも2件しか口コミが入っていませんが、美味しい麩饅頭を探してたどり着きました。 外観は飾り気が無く、街に馴染んでおりますが、実は1853年(嘉永6年)創業…

すしログ和菓子編 No. 82 はたや@成田(千葉県)

成田はたや 全く気取りない佇まいながら、地元でこよなく愛されている隠れた名店です。 朝からお客さんが続々と来店する人気店であり、創業から80年を超えると言う説もあるようです。 そして、スペシャリテは【くず餅】。 関西で【くず餅】と言えば、ほぼ「…

すしログ和菓子編 No. 81 なごみの米屋総本店@成田(千葉県)

なごみの米屋総本店 こちらは1899年(明治32年)に創業された老舗の和菓子屋さんです。 千葉県内に路面店を13店舗、インストア店を13店舗構える企業なので、千葉県民の方には馴染み深いようです。 この度、成田山新勝寺へのお参りを兼ねて、本店に立ち寄ってみ…

すしログ和菓子編 No. 80 菊屋@大和郡山(奈良県)

奈良 菊屋 面白い和菓子のお店が点在する奈良県。 上質な出来立て上生菓子を頂ける樫舎さんや、唐菓子である【餢飳(ぶと)】を作る萬々堂通則さんなど。 今回ご紹介する一軒も魅力的な和菓子を作られており、なんと1585年(天正13年)創業となります。 吉野に文…

すしログ和菓子編 No. 79 松月堂@中津川(岐阜県)

中津川 松月堂 栗きんとんを販売するお店が20数軒もある中津川。 前に滞在した際は「すや」さんにお伺いしました。 あちらは創業が元禄年間(1688~1704)と言う圧倒的な老舗。 今回は「すや」さんよりも新しい、 …と言っても1907年(明治40年)創業である松月堂…

すしログ和菓子編 No. 78 五平餅おふくろ@中津川(岐阜県)

五平餅おふくろ 岐阜東濃や飛騨地方の郷土料理である【五平餅】(ごへいもち)。 純粋な「餅」ではなく糯米の粒が残る程度についており、各店自慢のタレで焼き上げた料理です。 大ヒットしたアニメ映画、『君の名は。』でも飲食シーンがあり、設定の細かさを感…

すしログ和菓子編 No. 77 本家小嶋@堺市(大阪府)

本家小嶋 こちらは、創業をなんと天文元年(1532年)にまで遡る老舗中の老舗です。 500年にせまる歴史があると聞いても決してハッタリだと感じないのは、こちらが大阪は堺にあるためでしょうか。 室町時代~戦国時代から栄え、ヨーロッパにも知られる港街であ…

すしログ和菓子編 No. 74 西岡菓子舗@松山(愛媛県)

松山 西岡菓子舗 こちらは松山で「街の名店」とも言うべき和菓子のお店です。 市街地から離れた場所にありますが、連日完売御礼の人気っぷり。 完全手作業を貫く昔ながらの和菓子屋さんの名物は【つるの子】となります。 銘菓【つるの子】 これは恐ろしく柔…

すしログ和菓子編 No. 72 壽堂@人形町

壽堂 東京で和菓子の老舗が多い街、人形町。 町名の通り【人形焼】発祥の地となりますが、こちら壽堂(ことぶきどう)さんも人形町を代表するお店です。 創業は1884年(明治17年)。 お店の外観から歴史を感じさせます。 そして、店内に入ると東京では珍しい半座…

すしログ和菓子編 No. 71 新鶴本店@諏訪(長野県)

新鶴本店 こちらは諏訪大社・下社秋宮のそばにある、風情溢れる和菓子店です。 創業は1873年(明治6年)。 看板メニューは【塩羊羹】で、創業以来作り続けておられるそう。 創業当時は塩は信州で貴重品だったようですが、初代のアイディアで羊羹に加えたところ…

すしログ和菓子編 No. 70 芳光@名古屋市(愛知県)

芳光 京都の名店・塩芳軒(創業1882年)で修行された方が開いたお店です。 こちらは1964年創業となり、京都の聚洸のご主人がこちらで修行されるなど、名古屋にあって全国に名が知れ渡る和菓子の名店かと思います。 名物は【わらび餅】となり、1日1,000個以上売…

すしログ和菓子編 No. 68 翠江堂@八丁堀(東京都)

江戸時代には「霊岸島」と言う重々しい名で呼ばれていた、新川にある老舗の和菓子屋さんです。 創業は戦後まもない1946年。 創業以来一貫して作られているお菓子として【そがの里】があります。 が、圧倒的な人気を誇っているお菓子は【苺大福】となります。…

すしログ和菓子編 No. 38 清寿軒@人形町

清寿軒 こちらは人形町にあって【どら焼き】で名を馳せるお店です。 1861年(文久元年)に創業され、江戸時代は武家に愛され、明治・大正期は花柳界に愛されてきたと言う、由緒ある老舗です。 どら焼きは1913年(大正2年)創業のうさぎやさんによって編み出され…

すしログ和菓子編 No. 65 岩村もみじ屋@宮島(広島県)

岩村もみじ屋 こちらは宮島に現存する最古のもみじ饅頭屋さんです。 同時に、粒餡を用いたもみじ饅頭である、【つぶもみじ饅頭】を生み出したお店でもあります。 もみじ饅頭の歴史(笑) 歴史を紐解くと、もみじ饅頭自体は宮島の老舗旅館・岩惣の女将によって…

すしログ和菓子編 No. 63 一幸庵@茗荷谷

こちらは茗荷谷で人気を誇る和菓子店です。 食べログの和菓子ランキングで東京1位となっており、かねてより訪問したいと思っておりました。 こちらは予約せずとも購入できるところが嬉しい。 上生菓子は1個400円もしくは420円という価格帯です。 この度は、 …

すしログ和菓子編 No. 62 麩帆@鎌倉(神奈川県)

こちらは長谷(駅で言うと由比ヶ浜)にある生麩の専門店です。 生麩と言えば西日本の方が強く、京都や金沢の有名店が頭に浮かぶので、まさか鎌倉で生麩専門店! しかも【麩まんじゅう】を頂けるとは!と、発見した時はテンションが上がりました。 お店はこじん…

すしログ和菓子編 No. 61 美鈴@鎌倉(神奈川県)

こちらは鎌倉で知る人ぞ知る和菓子の名店です。 こちらの上生菓子は鶴岡八幡宮の茶会に用いられたり、浄妙寺・喜泉庵に卸されており、名実ともに鎌倉を代表する御菓子司だと思います。 1972年の創業以来、多くのファンに支えられております。 完全予約制では…

すしログ和菓子編 No. 60 すや@中津川(岐阜県)

こちらは岐阜県は中津川で圧倒的な人気を誇る和菓子店です。 創業を元禄年間(1688~1704)まで遡り、創業当時はお酢のお店だったそう。 それ故に、「すや」と言う呼称が今に続く店名となったようです。 1802年には大田南畝(=蜀山人、四方赤良)の紀行文にも登…

すしログ和菓子編 No. 58 松葉屋@新宮(和歌山県)

新宮 松葉屋 新宮に現地に行かなければ頂けない【琥珀】があると聞き、いつか頂いてみたいと思い続けておりました。 しかも商品の名前が素敵で、【天の川】。 【琥珀】とは寒天と砂糖(→錦玉)を用いた半生干菓子となり、クリスタルのような意匠も人を魅了する…

すしログ和菓子編 No. 57 吉はし@東山(石川県)

こちらは1947年(昭和22年)に創業された金沢の御菓子司です。 歴史ある金沢の中だと比較的若いお店と言えますが、金沢の茶道の世界で確固たる地位を築き上げておられます。 お菓子は基本的に茶席や懐石料理店からの受注生産を行っているため、個人が入手する…

すしログ和菓子編 No. 55 つちや@大垣(岐阜県)

つちや 岐阜県・大垣にあり、宝暦5年(1755年)創業と言う圧巻の歴史を持つ和菓子屋さんです。 こちらが凄い点は歴史と伝統を誇るにも関わらずモダンで創作的な和菓子も作られている点。 寒天製のお菓子である【みずのいろ】は誰の目をも惹く、美しい意匠です…

すしログ和菓子編 No. 53 うさぎや@上野

こちらは1914年(大正3年)創業と言う老舗であり、現在の形状のどら焼き発祥のお店とされております。 歴史的には、平安時代末期に武蔵坊弁慶が傷の手当をしてくれた民衆に恩返しとして供したと言う伝説があります。 曰く、小麦粉を水で溶いた生地を熱した銅鑼…

すしログ和菓子編 No. 54 草月@東十条

読者の皆さまは、「東京三大どら焼き」をご存知でしょうか? 上野のうさぎや、浅草の亀十はスラスラ出てくる人でも、三つめが浮かばないことが多いように感じます。 こちらこそが三大どら焼きのもう一軒であり、優等生の兎、個性派の亀とは異なる魅力を有す…

すしログ和菓子編 No. 52 亀十@浅草

こちらは浅草で押しも押されぬ圧倒的な人気を誇る和菓子店です。 昔は並ばずに入手できたのに、今や大行列が常… 混雑っぷりたるや、西のふたばか、東の亀十か、と言った感です。 (看板商品は異なるものの、お店の佇まいも含めて何となく) 流石、「東京三大ど…

すしログ和菓子編 No. 49 松屋常盤@丸太町(京都府)

こちらは京都で承応年間(1652年~1655年)創業と言う、長い歴史を誇る老舗です。 しかも、ただ歴史が古いだけでなく、16代にわたって一子相伝で継承されており、多品種に手を広げる事無く、名物で勝負されている点が圧巻。 創業以来、御所や寺院、茶道の家元…