すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

全力で鮨の魅力を伝えるブログ!日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介します。Since 2015

東京都

すしログ No. 340 鮨いち伍@千歳烏山

千歳烏山の「隠れた名店」鮨いち伍 いち伍さんに初めてお伺いしたのは2015年の8月です。 当時はweb上の情報が非常に少なかった(食べログではスコア無しだった!)のですが、今や確かな人気を確立されているようです。 ただ、Googleで「千歳烏山 隠れた名店」…

すしログ和菓子編 No. 91 空也@銀座

予約必須な絶品最中、空也 こちらは東京を代表する和菓子の名店で、全国に多くのファンがいらっしゃいます。 名物の最中は銀座本店のみでしか入手できず、しかも7,000~8,000個が朝10時の開店と同時に売り切れると言う入手難度の高さ。 これは和菓子の中でも…

すしログ日本料理編 No. 202 てんぷら近藤@銀座

こちらは東京の天麩羅店の中でもトップクラスに数えられる名店ですね。 親方の近藤文夫さんは高校と卒業後に、天麩羅の名門である「山の上」に入店されました。 そして、僅か5年後の23歳で料理長に就任されたと言う出色の職人さん。 「常識からの脱却」を掲…

すしログ和菓子編 No. 89 古埜木堂(このきどう)@月島

大正時代から愛される、月島に馴染んだ街の和菓子屋さん 【麩まんじゅう】と言えば、京都を始めとする関西が主流ですよね。 関西のオススメ店は記事の最後にご紹介しますが、野暮ッたさが無く、瑞々しくて爽やかな味わいにすっかり魅了されてしまいました。 …

すしログ和菓子編 No. 88 角山本店@築地

東京で貴重な京生麩と麩まんじゅうが美味しいお店 湯葉と生麩と言えば、やはり京都を始めとした関西が頭に浮かぶところです。 懐石料理や精進料理では無くてはならない食材で、僕も京都で頂き魅力を実感しました。 そして、同じく大好きになったのが【麩まん…

すしログ No. 339 さが美@築地

こちらは2014年に2回お伺いして以来、実に6年ぶりくらいの訪問となりました。 親方の野谷峯雄(のやみねお)さんは既に70歳を超えておられるはずですが、非常にお元気! 女将さんもお元気で、2020年6月に移転した新築店舗でひときわ輝いておられます。 そう、…

すしログ No. 338 すし処のがみ@四谷三丁目

都心にあって落ち着ける街の鮨店 コロナ前に掲げた2020年のコンセプトは「リーズナブルな鮨店の開拓」でした。 と言っても高級路線のお店のランチだけだと選択肢が限られてくるので、「美味しい街場寿司」も含めて開拓しようかなと考えていました。 高くて美…

すしログ日本料理編 No. 201 鰻禅@本所吾妻橋

圧力鍋で蒸し、ガス火でじっくりと焼き上げる超人気店 こちらは東京の鰻店の中でもトップクラスの人気を誇り、2時間以上待ちの行列が出来る事で知られています。 鰻好きとしては訪問しなければならない名店と言えますが、行列嫌いの自分は避けていました。 …

すしログ No. 337 久いち@浅草

観音裏の名鮨店!いつも美味しく安定感抜群の久いちさん ことあるごとにお伺いしている浅草の久いちさん。 今回は2年半ぶりの訪問となってしまいましたが、出口親方は覚えていてくださり、嬉しかった。 かつて再訪した時も覚えていてくださり感動しました。 …

すしログ No. 336 冨所@新橋

こちらは前々から複数の鮨職人さんからオススメされていたので、長らく訪問を狙っていました。 しかし、リーズナブルなランチは人気が高く、予約を取れず2度諦める結果に。 今回2週間前に予約を試みて無事に取れたため訪問が叶いました。 お店は新橋の落ち着…

すしログ和菓子編 No. 87 虎ノ門岡埜榮泉(おかのえいせん)@虎ノ門

和菓子が特段好きでない方でも、東京の食好きならば何軒か見たことであろう屋号、岡埜栄泉(おかのえいせん)。 僕は昔チェーン店かと思っていたのですが、それは間違いでした。 基本的に全て異なるお店で、暖簾分けによって店舗数が増えた模様です。 現在は東…

すしログ日本料理編 No. 200 心柏@江戸川橋

ロッソルビーノ(ラ・バリックが運営するイタリア食材店)で買い物をした後、散歩している時にたまたま見つけたお店です。 外観から「食わせる店」の空気を発していたので、即座に写真をリサーチ。 串打ちが良く、金針菜なども使用されているため、期待を抱い…

すしログ日本料理編 No. 199 太華@芝公園

こちらの料理人、海原さんと話した際、なんと「タイラガイ(タイラギ)のコースを作れます」と伺って、異常にテンションが上がりました。 同一食材でコースを組むこと自体がマニアックなのに、更にタイラガイなんて! とは言えコロナの感染リスクが低下するま…

すしログ日本料理編 No. 198 根津 焼鳥 照隅@根津

こちらは根津の駅からほど近い、不忍通りに面した場所にある焼鳥店です。 ご主人の杉本浩一郎さんは元々大衆焼鳥店で修業をスタートされましたが、2007年より名店・蘭奢待(らんじゃたい)で修行され、現代的焼き鳥のノウハウを蓄積されました。 さらに「鶏肉…

すしログ No. 335 鮨 花おか@渋谷

鮨 花おか こちら花おかさんについては、2月にお伺いした際に大きなポテンシャルを感じ、その後3月末に再訪の予約を入れました。 すしログ No. 322 鮨 花おか@渋谷 ところが、東京都知事の自粛要請に伴い、泣く泣く予約をキャンセルさせて頂く事に…。 自分…

すしログ和菓子編 No. 86 すずめや@池袋

こちらは騒々しい池袋の中でも落ち着いたエリアと言える、南池袋にある和菓子のお店です。 創業(オープン)は2002年(平成14年)で比較的新しいお店となりますが、看板商品の【どら焼き】は飛ぶ鳥を落とす勢いの人気です。 筆者は今まで7回くらい入手を試みまし…

すしログ No. 329 神田志乃多寿司@淡路町

【稲荷寿司】と【干瓢巻き】で100年以上続く神田志乃多寿司 こちらは1902年(明治35年)まで創業を遡る、老舗の寿司店です。 江戸の味を伝える老舗が密集する神田淡路町(〜須田町)エリアにあります。 近くには現存する唯一の「江戸三鮨」である、笹巻毛抜鮓(け…

すしログ No. 328 神田笹寿司@神田

独自性の高い〆の仕事を楽しませてくれる神田笹寿司 こちらは1903年(明治38年)に屋台からスタートした、生粋の江戸前鮨の老舗です。 初代は「握り鮨の開祖」とされる華屋與兵衛(小泉與兵衛)の開いた与兵衛寿司(與兵衞壽司)で修業された方。 与兵衛寿司は言わ…

すしログ和菓子編 No. 85 和菓子薫風@千駄木

和菓子と日本酒を合わせるお店、薫風 こちらは東京・千駄木に、2012年7月にオープンした和菓子屋さんです。 お店のコンセプトは「和菓子と日本酒のマリアージュ」と「作りたての和菓子」。 僕は2014年に和菓子作り教室に参加したことがあるのですが、日本酒…

すしログ No. 327 鮨みずかみ@半蔵門

鮨みずかみ 新型コロナに負けるな!と言う想いを行動に移すべく、応援を兼ねて訪問しました。 負けるな!と言うのは決して精神論ではなく精神的、経済的に、です。 「三密」を避けるため、移動手段はチャリです。 そして、水上さんはお店入口に消毒液を置か…

すしログ No. 325 鮨 海宇@錦糸町

鮨 海宇 こちらは錦糸町~住吉・菊川エリアにある江戸前鮨のお店です。 都営新宿線・住吉駅は、実は初めての下車となります。 僕のみならず、界隈に住んでいる方以外だと、恐らく大半の方が馴染みの無い駅ではないでしょうか。 下町の風情が残り、お店の近く…

すしログ日本料理編 No. 196 江戸前晋作@本郷三丁目

江戸前晋作 こちらは2016年10月のオープンから、人気をぐいぐいと高める天麩羅店です。 かつては6,400円のコースや1,300円のランチも提供されていたようですが、現在は15,000円のお任せ一本で19時一斉スタートのシステムを採り入れておられます。 親方は修行…

すしログ No. 324 すし処志げる@曙橋

すし処志げる こちらは曙橋で人気を博す鮨店です。 ご近所に超予約困難店の敦煌さんもありますが、基本的に落ち着いたエリアです。 2020年のミシュランガイドでは、東京に4軒あるビブグルマンの内1軒として選出されております。 いきなり価格の話をするのも…

すしログ No. 322 鮨 花おか@渋谷

鮨 花おか 鮨に限らず、渋谷は自身にとって馴染みが薄い街です。 学生の頃から渋谷に行く理由と言えば、BunkamuraとGLOBE SPECSくらい(笑) 自分にとって渋谷とはそんな街ですが、この度面白い鮨店を発見! オープンは2018年3月30日と比較的新しい…とは言え2…

すしログ No. 317 江戸前鮨 服部@六本木

江戸前鮨 服部 こちらは2009年に乃木坂にオープンしたと言う鮨店です。 親方の修行先は所謂「有名店」ではありませんが、職人としてのキャリアは33年にも及ぶそう。 キャリアの長さに加えて、公式サイト上に使用している調味料が説明されている点を踏まえ、…

すしログ No. 315 鮨みずかみ@半蔵門

鮨みずかみ 久々のみずかみさんは、江戸前鮨の魅力を心から感じさせてくれました。 あくまでも江戸前王道のタネ、江戸前の仕事で構成しつつ、その流れは起伏に富んでおり、最後まで一気に楽しませてくれます。 江戸前鮨の二大スターと言うべき鮪と小鰭で、各…

すしログ日本料理編 No. 192 焼鳥茜@神楽坂

焼鳥茜 ハイレヴェルな焼鳥店の「店舗数」で言うと、大阪よりも東京の方が多いのではないでしょうか。 これは大阪の焼鳥職人さんご自身の口から度々聞くところです。 しかし、大阪は東京に比べて焼鳥を日本料理の枠組みで捉え直し、新たな料理として再構築す…

すしログ日本料理編 No. 191 鳥田中@墨田

鳥田中 こちらは東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)の鐘ヶ淵と言う、ご近所の方以外には大変マニアックな場所にある焼鳥店です。 ただm「焼鳥店」と言ってもおまかせ一本でされており(2019/10/1~)、一品料理の比重が大きいので、 「鶏割烹」と表現した…

すしログ No. 314 きざ㐂(き)@赤坂

きざ㐂 こちらは2018年5月に若干28歳の若さで独立した職人さんのお店です。 若い方で独立早々のお店は外す事もありますが、こちらは信頼する鮨好きの方々が高評価なので、開店時より狙っておりました。 親方の木崎倫さんは久兵衛と鮨とかみで修業された方。 …

すしログ日本料理編 No. 189 太華@芝公園

食事 太華 前に、今や貴重な江戸料理を頂けるお店としてご紹介した太華さん。 今の東京だからこそ一層輝く、質実剛健な御料理たちが魅力です。 今回は広島県・安芸高田産の猪と鹿を用いたコースを求めて訪問しました。 現在、「鹿」と言うとエゾジカが一番有…