すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

全力で鮨の魅力を伝えるブログ!日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介します。Since 2015

京都府

すしログ和菓子編 No. 84 松前屋@丸太町(京都府)

松前屋 こちらは創業を何と1392年にまで遡る、京都の老舗中の老舗です。 日本史で言うところの南北朝時代末期に当たりますが、当時の主人は南朝方に属し、後亀山天皇に従って京に上がったとの事です。 そして、明治2年(1869年)の東京奠都まで皇室御用達を務…

すしログ和菓子編 No. 83 麸藤@五条(京都府)

麸藤(ふうとう) こちらは西本願寺からほど近い場所にある生麩、生湯葉の専門店です。 Googleも食べログも2件しか口コミが入っていませんが、美味しい麩饅頭を探してたどり着きました。 外観は飾り気が無く、街に馴染んでおりますが、実は1853年(嘉永6年)創業…

すしログ日本料理編 No. 195 半兵衛麸@清水五城(京都府)

半兵衛麸 こちらは清水五条にある麩と湯葉の専門店です。 創業は1689年(元禄二年)に遡り、現在は11代目の当主が継がれているそう。 麩は日本料理の源流に近いところにあり、精進料理では主役級の食材だと思います。 「麩」と聞くと一般的には味噌汁の具で脇…

すしログ日本料理編 No. 193 松本亭@笠置(京都府)

笠置山 松本亭 後醍醐天皇が鎌倉幕府の倒幕計画を立てて挙兵した場所、笠置山。 歴史ある場所は今やハイキング人気があるようで、随所に巨岩があります。 そして、こちらは笠置山の頂上付近にある料理旅館で、1890年(明治23年)に創業された歴史あるお店です…

すしログ日本料理編 No. 183 魚津屋@西院(京都府)

魚津屋 こちらは信頼する方のオススメで訪問しましたが、京都を始め関西では食通に知られる名店のようです。 ただ、食通、名店と言ってもメディアで取り沙汰されるようなお店とは異なるので、通俗的な言葉を用いるならば「知る人ぞ知る」名店と言う事になる…

すしログ日本料理編 No. 182 緒方@(京都府)

京都 緒方 こちらは京都を代表する懐石料理店・和久傳で料理長を務めた緒方俊郎氏のお店で、言わずと知れた京が誇るトップクラスの人気店となります。 京都の人気トップクラスのお店は予約難度がかなり高く、お値段も張るので、訪問する際は長期計画を立てね…

すしログ和菓子編 No. 67 亀末廣@烏丸御池(京都府)

亀末廣 文化元年(1804年)に創業され、御所の御菓子司として名を馳せた亀末廣(かめすえひろ)さん。 菓子を納める際には注文の都度木型を作っていたと言うので驚きです。 一回だけしか使用しないため、用済みになった木型は現在の看板の額に使用されているそう…

すしログ No. 264 ひさご寿し@河原町(京都府)

京都ひさご寿し こちらは1950年(昭和25年)に創業された京寿司(関西寿司)のお店です。 河原町通りは河原町駅のそばにあり、店内に流れる空気はゆるやか。 看板メニューは【ちらし寿し】で、それ以外に押し寿司、巻物、握り鮨まで幅広く提供されております。 …

すしログ日本料理編 No. 154 佳肴岡もと@東山(京都府)

1年前の8月末に訪問して印象的だった岡もとさん。 今回は10月下旬にお伺いしました。 改めて感じたのは、お料理の美味しさは勿論、カウンターの潔さから来る凄み。 カウンターならびに厨房が完全に見渡せて、調理はご主人一人でこなされているため、全く誤魔…

すしログ No. 251 末廣@寺町通り(京都府)

こちらは創業天保年間(1831年〜1845年)の京寿司の老舗です。 かなり前に冬の【むしずし】を頂くべく訪問した事があります。 【むしずし】は非常に優しい味わいで、「強い印象」は無くとも寒い京都の冬に和む、じんわりとお腹と心に染み入る一品でした。 過去…

すしログ日本料理編 No. 152 とり料理瀬戸@市原(京都府)

こちらは2年前にお伺いして感銘を覚えた鶏料理の専門店です。10月は松茸を持ち込ませて頂けるのですが、こちらの「捌きたての鶏」と松茸のコラボレーションは、他店では体験できない至福の味覚ワールド! 女将さんの温かみのある接客も合わせて、改めて素晴…

すしログ日本料理編 No. 149 季節料理みのり@墨染(京都府)

こちらは京都の墨染(伏見区)にある、日本料理のお店(いわゆるカウンター割烹)です。 外観も中々風情のある一軒家ですが、中に入るとあっと驚くかと思います。 民家なのですが非常に趣深く、「美味いもんを食わせる雰囲気」が漂っております。 そして、古い民…

すしログ No. 223 鮨すずか@丸太町(京都府)

こちらは丸太町駅から10分弱歩いた場所にある、スタイリッシュな鮨店です。 古くからの家具街の静かな一角にあり、扉は何と銅製! 店内に入ると壁はコンクリートとタイルが組み合わされ、カウンターはニス塗の白木。 スタイリッシュでありながら暖かみがあり…

すしログ和菓子編 No. 49 松屋常盤@丸太町(京都府)

こちらは京都で承応年間(1652年~1655年)創業と言う、長い歴史を誇る老舗です。 しかも、ただ歴史が古いだけでなく、16代にわたって一子相伝で継承されており、多品種に手を広げる事無く、名物で勝負されている点が圧巻。 創業以来、御所や寺院、茶道の家元…

すしログ和菓子編 No. 48 麩嘉@丸太町(京都府)

こちらは京都にある生麩の専門店です。 創業は江戸時代後期(1800年頃)まで遡ると言われますが、幕末の動乱による火災で資料が燃え尽くされたため、正確な創業年は不明との事。 お店は「京都の台所」錦市場にもあり、そちらでは20種類以上の生麩が販売されて…

すしログ日本料理編 No. 109 縄屋@京丹後(京都府)

前回の2016年10月以来、1年ぶりの訪問となりました。 こちらは訪問する度に好きになるので、毎回記事を書いてしまいます(笑) 近場にあれば、もっと訪問したいお店… 今や東京の日本料理店の多くは価格が高騰し、高級食材、果てはキャヴィアやトリュフを用いる…

すしログ和菓子編 No. 46 茶寮宝泉@下鴨(京都府)

京都ならびに全国でも【わらび餅】で名を馳せる、こちらのお店。 母体は1952年に創業された宝泉堂さんとなり、京都では歴史が浅いものの、一般的には老舗と言える和菓子店です。 お店は京都屈指の高級住宅地である下鴨にあり、閑静な土地で中庭を眺めながら…

すしログ和菓子編 No. 45 亀屋清永@祇園(京都府)

こちらは老舗が多い京都の中でも、屈指の歴史を誇る和菓子屋さんです。 超変態的な和菓子にもかかわらず結構昔から好きなので、ブログに書くのが遅すぎたくらい。 創業は1617年(元和3年)に遡り、歴史のみならず格式の高さも群を抜きます。 かつて徳川幕府は1…

すしログ日本料理編 No. 104 木山@丸太町(京都府)

こちらは2017年4月25日にオープンして以来、京都のみならず東京のグルメな方々の間でも人気が高まっているお店です。 ご主人の木山義朗さんは名門・和久傳に長らく勤められた手練。 若くして京都和久傳(伊勢丹の店舗)の料理長になった聞き、寡黙で厳しい方な…

すしログ日本料理編 No. 103 わらじや@東山(京都府)

こちらは1624年(寛永元年)創業と言う、京都でも古い歴史を持つ老舗です。 変わった店名の由来は、戦国の世に豊臣秀吉が此処でわらじを脱いだと言うもの。 本当かどうか分かりませんが、その歴史と近くに豊国神社がある事を考えると、もしかすると本当かも…と…

すしログ日本料理編 No. 99 佳肴岡もと@東山(京都府)

こちらは広島の野趣拓さんでお伺いして訪問したかったお店です。 清水寺に程近い、清水五条の辺りにあり、主張し過ぎぬ暖簾と外観が好印象です。 店内に入ると、モダン且つカジュアルなカウンターがあり、間取りが広いので、非常に落ち着けます。 しかも、一…

すしログ和菓子編 No. 44 老松@嵐山(京都府)

京都には夏らしい和菓子が色々ありますが、こちらの【夏柑糖】もその一つ。 戦後に主流となった甘夏ではなく、日本原産種の夏蜜柑を契約農家に作ってもらっているそう。 4月から8月が販売期間ですが、その年の出来高によって変化。 僕は8月下旬に伺いました…

すしログ日本料理編 No. 77 祇園又吉@祇園(京都府)

信頼する友人のオススメで訪問しました。 京都の日本料理だと、ついついはやしさんに寄ってしまいたくなるため、ありがたい情報です。 こちらは祇園のど真ん中にあり、鮨まつもとさんのお隣となります。 店名が示す通りご主人・又吉一友さんは沖縄ご出身。 1…

すしログ和菓子編 No. 26 亀屋則克@烏丸御池(京都府)

こちらは【浜土産(はまづと)】と言うお菓子で有名な和菓子店です。 創業は1927年(昭和2年)なので、京都では比較的若い方。 しかし、系譜として見れば歴史は古く、亀屋良安、亀屋良則の伝統を受け継いでいるそうです。 (上記2店は既に廃業) こちらで面白いと…

すしログ和菓子編 No. 25 中村軒@桂(京都府)

こちらは桂離宮のそばにあり、1883年(明治16年)より饅頭を作り続けておられる和菓子店です。 粒餡は現在もおくどさん(竈)で炊いておられ、使用する釜は銅製。 熱伝導率を意識した餡作りを行っておられます。 名物の御菓子は【麦代餅(むぎてもち)】。 麦代餅…

すしログ日本料理編 No. 58 大徳寺一久@紫野(京都府)

京都が誇る精進料理の名店、大徳寺一久。 こちらにはお弁当形式の【大徳寺精進料理縁高盛】4,160円と、 2人以上から頂ける【本膳】8,320円、11,850円、14,260円があります。 3月に訪問した際は1人であったため【縁高盛】を頂き、名物である大徳寺麩、犠牲豆…

すしログ日本料理編 No. 54 とり料理瀬戸@市原(京都府)

前々から訪問したかった市原にある鶏料理のお店です こちらは知る人ぞ知る名店であり、数年前に偶然知った時から、いつか必ず訪問しようと決心しておりました。 しかし、市原と言う立地であるばかりか、2人以上の予約となるため、中々機会を得られなかった次…

すしログ日本料理編 No. 53 御料理はやし@出町柳(京都府)

9月初頭に伺い、繊細な仕事に感銘を覚えたはやしさん。 約2ヶ月後の10月下旬に早くも再訪しました。 前回8,000円のコースを頼んで大満足でしたので、今回は奮発して一番上の20,000円のコースを。 税サが掛かるので勇気の要る価格帯ですが、秋の京都なので清…

すしログ和菓子編 No. 23 緑寿庵清水@出町柳(京都府)

こちらは日本で唯一の手作り金平糖の専門店です。 1847年(弘化4年)の創業以来、一子相伝で製造法が伝承されており、作るのが困難な味付き金平糖を精力的に作られております。 味わいは多岐に及んでおり、チョコやメロン、パインなど、変わり種もあります。 …

すしログ日本料理編 No. 49 縄屋@京丹後(京都府)

行く度に好きになる、こちら縄屋さん。 毎回仕入れや細かな仕事、料理の構成などに変化が見られるため、定期的に伺う喜びがあります。 この度は秋にお伺いしました。 初訪問時の記事と、前回訪問時の記事はこちらとなります。 最初に伺った際に覚えた魅力、 …