すしログ 〜The Encyclopedia of Sushi〜

全力で鮨の魅力を伝えるブログ!日本料理、郷土料理、和菓子の名店も紹介します。Since 2015

どら焼き

すしログ和菓子編 No. 86 すずめや@池袋

こちらは騒々しい池袋の中でも落ち着いたエリアと言える、南池袋にある和菓子のお店です。 創業(オープン)は2002年(平成14年)で比較的新しいお店となりますが、看板商品の【どら焼き】は飛ぶ鳥を落とす勢いの人気です。 筆者は今まで7回くらい入手を試みまし…

すしログ和菓子編 No. 38 清寿軒@人形町

清寿軒 こちらは人形町にあって【どら焼き】で名を馳せるお店です。 1861年(文久元年)に創業され、江戸時代は武家に愛され、明治・大正期は花柳界に愛されてきたと言う、由緒ある老舗です。 どら焼きは1913年(大正2年)創業のうさぎやさんによって編み出され…

すしログ和菓子編 No. 53 うさぎや@上野

こちらは1914年(大正3年)創業と言う老舗であり、現在の形状のどら焼き発祥のお店とされております。 歴史的には、平安時代末期に武蔵坊弁慶が傷の手当をしてくれた民衆に恩返しとして供したと言う伝説があります。 曰く、小麦粉を水で溶いた生地を熱した銅鑼…

すしログ和菓子編 No. 54 草月@東十条

読者の皆さまは、「東京三大どら焼き」をご存知でしょうか? 上野のうさぎや、浅草の亀十はスラスラ出てくる人でも、三つめが浮かばないことが多いように感じます。 こちらこそが三大どら焼きのもう一軒であり、優等生の兎、個性派の亀とは異なる魅力を有す…

すしログ和菓子編 No. 52 亀十@浅草

こちらは浅草で押しも押されぬ圧倒的な人気を誇る和菓子店です。 昔は並ばずに入手できたのに、今や大行列が常… 混雑っぷりたるや、西のふたばか、東の亀十か、と言った感です。 (看板商品は異なるものの、お店の佇まいも含めて何となく) 流石、「東京三大ど…

すしログ和菓子編 No. 37 鈴懸@中洲川端(福岡県)

こちらは福岡で1923年(大正12年)に創業された和菓子店であり、モダンにアレンジした御菓子で定評のあるお店です。 御菓子のアレンジも巧みなのですが、梱包や紙袋などにもセンスが光り、福岡を代表するお店だと思います。 本店は中洲川端にありますが、博多…

すしログ和菓子編 No. 32 蝶谷本店@錦糸町【2017年8月に閉店されました】

こちらは1826年(文政9年)創業の老舗和菓子店です。 どら焼き自体は1914年(大正3年)創業である上野のうさぎやさんが商品化したとされておりますので、こちらのどら焼きは恐らくうさぎやさんの直後に生まれ、お店きってのヒット商品になったのだろうと思います…

すしログ和菓子編 No. 31 京菓子司 彦九郎@人形町

先日、玉英堂彦九郎さんを訪問したので、兄弟店のこちらにも伺ってみました。 玉英堂さんが自社ビルで重厚なお店を構えているのに対して、こちらは昔ながらの菓子舗の風情を感じさせます。 そして、玉英堂さんの方は創業1576年との事ですが、彦九郎さんの方…

すしログ和菓子編 No. 30 玉英堂彦九郎@人形町

戦国時代真っ只中の1576年(天正4)年に京都で創業されたと言うお店です。 現在は人形町・甘酒横丁の入り口にあり、立派な自社ビルを構えておられます。 東京に移転されたのは1951年頃らしく、比較的最近。 現在は24代目のご主人が暖簾を守っておられます。 な…

すしログ和菓子編 No. 11 ツバメヤ@岐阜市(岐阜県)

こちらは岐阜の柳ケ瀬商店街で人気を集める和菓子のお店です。 伺ってみると若い女性がお一人で切り盛りされており、少々意外な印象を受けました。 ただ、品物を眺めてみると、明らかに良い素材を使用し、丁寧に作られている事が判ります。 実際、こちらの原…